2018/11/01

栄養たっぷり! 緑黄色野菜の代表格【ほうれん草】

5326 view
クリップ

今回の旬野菜ひろばのテーマは、ほうれん草です。

ほうれん草は西アジア原産で、世界各地に広まっています。現在、日本で食べられているのは、西洋種と東洋種の交配種が主流です。

また、ほうれん草は、カロテンやミネラル、鉄分などが豊富な緑黄色野菜の代表野菜! ビタミンB群、C、葉酸なども豊富です。


・葉の緑色が濃く、大きくて葉脈のはっきりしているもの。
・茎が適度に太くてしっかりしているもの。


・ぬらした新聞紙に包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫か野菜室に立てて保存。
・冷凍する場合は、かためにゆで、ラップで包んで冷凍室へ。

ほうれん草は“鮮度が命”です。葉先から水分がどんどん蒸発してしまうので、買ったらその日のうちに調理をするのがおすすめ。
ゆでたら水にさらしてアク抜きをしましょう。急激に冷やすとアクが流れ出ますが、うまみや栄養分も流れてしまうので、水にさらしすぎないようにするのがポイントです。上手に下ごしらえして、ほうれん草の栄養をムダなく摂りましょう。

また、キユーピーおすすめレシピもご紹介しますので、ぜひチェックを♪

ほたてとほうれん草ときのこの黒酢炒め
ほたてのうまみがほうれん草とからんでおいしい♪
※キユーピーHP(とっておきレシピ)へ移動します。

あえたり炒めたり、これからの季節は鍋に入れてもおいしいほうれん草。ケーキなどスイーツにする人もいるかもしれませんね。
みなさんが好きなほうれん草の料理は何ですか? レシピや写真の投稿をお待ちしています!

 

121件の「いいね!」がありました。
「いいね!」と言っている人
592件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • コーポレートサイト
  • 人参バナー
  • BOOKバナー
  • 使い方ガイド
  • はじめての方へ
ログイン