2024/04/15

じつはメリットも!野菜を冷凍保存しておいしく食べきろう

478 view
クリップ

こんにちは、おはなしダイニング コミュニティスタッフのハナです。

旬の野菜は栄養価が高いので、旬の時季にいろいろな料理でたのしみたいですね。
ただ、たくさん買いすぎると、使いきれなかったり同じレシピが続いたりするのはちょっと困りもの・・・。

そこで、野菜の冷凍保存をうまく活用してみませんか?

じつは、以前、旬野菜ひろばで「じゃがいもの冷凍保存」についてご紹介したところ、「知れてよかった」「やってみます!」とたくさんのうれしいコメントをいただきました。
>>冷凍保存できる?できない?【じゃがいも】

今回も「野菜をおいしくする冷凍」をご紹介しますので、野菜を冷凍保存するメリットを知っていただけるとうれしいです!

野菜をおいしくする冷凍

おいしさがアップする
きのこやトマトなどは、冷凍によりうまみ成分や甘みが増します。

●野菜のくせが和らぐ
ピーマンやセロリなど、野菜嫌いの人が苦手な独特の香りやくせが気にならなくなります。

●火が通りやすく、味もしみやすい
にんじんや大根などは冷凍することで野菜の組織が壊れるため、炒め物や煮物が早くできあがります。また、冷凍のまま調味液に漬けると、味がしみやすくなります。

 

また、3月~5月が旬のキャベツは、今がおいしいとき!
丸ごと1個はなかなか使いきれませんが、下のリンク先を参考に冷凍保存してみてくださいね。いろいろな調理法でおいしく食べきれますよ。
>>キャベツの冷凍保存
※キユーピーHPへ移動します。

この他にも冷凍保存の方法を知りたい野菜があるときは、キユーピーHPの「素材の基本」をご覧ください。知りたい野菜の画像をクリックすると、基本情報や選び方のほか、保存方法をご紹介しています。そちらに冷凍保存ができるものは詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてくださいね。
>>素材の基本
※キユーピーHPへ移動します。

みなさんがいつも冷凍保存している野菜や、今回の記事を読んで冷凍してみようと思った野菜などをぜひコメント欄にお寄せくださいね。
冷凍保存をうまく活用して、旬の野菜をおいしく食べきりましょう。

★この記事を読んで「役に立った!」「面白かった」と思った人は「いいね」をお願いします!

54件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
ログイン