おしえて!和ちゃん、ごふくろう
2018/01/17

きものの補正はどの程度すればいいのかおしえて!

480 view
クリップ

きものの補正はどの程度すればいいのかおしえて!

真奈さん

Q:日本舞踊で私が舞台に上がる時には、たくさん補正をしなければならなかったのですが、普段きものを着るときはどの程度の補正が適当なのかがよくわかりません。

着付け教室「谷中てらこや」の草萌ミツ先生に、きものの補正のコツを聞きました。

草萠ミツ先生

そもそも補正は身体の凹凸を少なくしてきものに寄るシワを少なくする、きものや帯を傷めないために内側で汗をキャッチするという大切な役割があるんです。 しかし普段着で補正をし過ぎると…単純に面倒なんです(笑)
腰回りが重たい気がして、それだけで疲れてしまいますし。
私の教室では基本的にフェイスタオル2枚しか使いません。
毛足が長い高級なものではなく、何度も使っているペタッとしたもので十分なんですよ。

補正タオルの作り方

必要なアイテム
・ガーゼ 1枚(横:タオルから左右15〜20cmほど余る長さ/縦:約30cm)
・フェイスタオル 2枚

タオルより両サイドの長さが15〜20cmくらい長いガーゼを用意。広げたガーゼに、縦半分に折ったタオルをガーゼ中央のラインに合わせて置きます。

上半分のガーゼをタオルにかぶせておきます。

もう一枚のタオルは横半分に折り、その中央のラインに合わせて、ガーゼの中央を十字に置いて、横半分に折ったタオルの上部分をかぶせます。

ガーゼをお腹に巻いて、最後にガーゼのあまりを巻いたガーゼの右胸の下あたりで挟み込みます。通常は補正タオルを紐で縛りますが、この方法なら紐を一本減らすことができますし、ウエストを締め付けることもありません。

美しいきものスタイルをつくるために、体型に合わせた補正をしてきもの美人を目指しましょう♪

71件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 補正の仕方で着つけの綺麗さが決まりますね
  • 着物は”柳腰”が美人条件だった頃のものですから、イマは補正が大事ですよね。
  • こちらの補正の仕方は初めてみました。補正も新しく進化していそうですね。
    勉強になります。
  • 着物を着るなら補正は大切ですよね
    綺麗に着こなしたいです
  • これを1つ作っておくと便利ですね!
  • 補正もきれいですね。
    私が着物を着ようとすると、補正だけでもひもやタオルでごちゃごちゃしてしまうので…。補正も参考にしたいと思います。
  • 2018/02/08
    昔は痩せていたので、タオルをたくさんかませてました。
  • 腰全体ではなく、後ろの部分に台形型に折りたたんだ薄手のタオルを1枚入れます。あとは綿花をガーゼで挟んで荒く縫い合わせて、自分の体型に合わせて補正を作り肩から胸にかけての凹みに使っています。なるべく補正タオルは使わずに、肌襦袢や着物の余っている部分で上手に補正の役目を果たすと良いです。
  • 着物はウエストが無い人の方が決まります(笑)私もそうですが、ウエストがくびれていると、必ず補正の必要が有ります。昔の人は胴長が多かったらしいのです。私の実母は着付けの教師です。補正をタオルで良いので、必ずして、ウエストのくびれを無くして、着付け、着付けた後、歩いたり座ったりのお直しは、胴に有る上げを上手に引っ張り、その時は背筋を伸ばし、特に後姿を皺が寄らないように補正する事です。覚えれば、意外と簡単ですよ♪
  • フェイスタオル2枚でこーんなになるんですね。
  • 華むすびショップ
  • 越後屋オンライン
  • エマール相互リンク
ログイン