2018/01/17

おはしょり*をきれいに決めたい!

2784 view
クリップ

おはしょり*をきれいに決めたい!

真奈さん

Q:おはしょり*がどうもきれいに決まりません。
何かコツがありますか。

*お端折り(おはしょり)
きものを着たとき、帯の下にある折り返し部分で、きものの長さを調節しています。おはしょりの長さは、人差し指1本分の長さ程度が程よいとされています。

着付け教室「谷中てらこや」の草萌ミツ先生に、自分できれいにきものを着るコツを聞きました。

自分でやると、脇部分がどうしてもグチャグチャになってしまいます。

真奈さん

わたしはいつもここで手間取ってしまうんです!

草萠ミツ先生

真奈さんのように、おはしょりの処理がうまくいかないという悩みを持っている人は多くいます。

2枚に重なったおはしょりを1枚にする

おはしょりは上前と下前のが2枚重なっているうえ、前と後ろの長さが均等ではないため、どうしても右脇部分がゴロゴロしてしまいがち。
まず2重になっている前のおはしょりは下前だけを内側に折り上げ、上前1枚のみにしてスッキリさせます。

この後胸元に結ぶ紐で、折り上げた下前がしっかり抑えられるように胸の下あたりで折り上げます。
後ろのおはしょりを前と同じ高さになるようにたくし上げるとより綺麗に仕上がります。

真奈さん

こうすれば確かにきれいにできました!たくし上げた部分は伊達締めで押さえるから、このままでいいんですね!

ちょっとした工夫や、コツを知っているだけで、きもの姿に自信が持てますね?

45件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
ログイン